0

安易に想像『ドローンは未来的か』


OH32r

 

 

 

 

 

 

 

 

 

小型無人飛行機。(※ラジコンとの違い
別に欲しいとかではないですけど、なんかここ何年かで急に話題に出てきましたよね。

SFものでは設定の前提とされるくらい低レベルの技術かもしれないですが、
技術的には現代においても簡単なものならあっておかしくないものですが、
実際庶民の手の届くところまで具現化されると説得力があります。
未来が迫ってきている感じがしませんか。

安易に未来を考えさせていただきます。

モノの運搬が可能になればとても便利ですが今地上から見える空の風景は失われ、
人が職を奪われ、
その場合は人は働かなくてよくなるのかそれともオルタナティブな仕事が待ち受けているのか。
個人レベルで普及したら最近流行りだした自撮り棒をつけたiPhoneなんて
むしろその行為自体を今撮影しておくべきかもしれませんし、

その延長線上にアニメ「ポケモン」とか「デジモン」とかがあるのかもしれません。
「サイコパス」のはパトロールという割と現実的政治的用途(添付画像)。

とか。どれも適当で可能性の話ですけど。

人類はどこまで未来を想像(創造)できてそのうちどこまで現実として迎えらるのだろう。
技術的にはもちろん倫理的にも寿命的にも。
個人的には宇宙旅行したいです。

ふわふわしてきたので話を戻しますが、使用制限あります。
 空港周辺の半径9キロの管制圏内は禁止。
 旅客機の飛行ルート直下では高度150メートル未満、それ以外の空域なら高度250メートル未満までは無届けで飛ばせる。
等エリア的なもの、時間的なもの、罰則が主です。
エリア的なもの(航空法)を国交省、小型無線機としてを総務省が取りまとめています。
航空法は小型機すべてを含む体系にはなっていないようです。ドローン規制の現状(logmi)

想定が安易、というか普及速度に規制改正が追いつかなくなる印象です。
仮に今1人1台普及したとしてもたくさん問題起こりそう。

下記関連記事(朝日新聞)
http://www.asahi.com/topics/word/
結構ありますね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です